今からでも遅くない!中高年のギター入門!

忙しく働き続ける毎日の中で、気が付いたら何の趣味も生きがいもないことに気付き、虚しくなってしまったことはありませんか?今からでも遅くはありません!生涯楽しむことのできる趣味、ギターをはじめてみませんか? - 中高年がギター始めるために!

中高年がギター始めるために!

最近、楽しいと思えることはありますか?厳しい現代社会の中で忙しく働き続けていると、生活の中に「楽しみ」を一つも見出すことができない、という方も少なくないようです。
もちろん、この世の中を生き抜いて行くためには仕方のないことなのかもしれません。

ですが、本当にそれで良いのでしょうか?もっと楽しく、充実した人生を送りたいと思いませんか?
もしかすると、年齢を理由にしてこれから楽しみや趣味を見つけることなんてできない…なんて諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、一部のスポーツなどの場合、あまり年齢を重ねてからでは習得することができない場合もあります。
しかし、年齢に関係なく、いつからでも始めることができる趣味だってあります。その一つがギターです。

◆いくつになっても楽しむことのできる音楽
若いころ音楽が好きで、ミュージシャンに憧れていたものの、はじめる機会を見つけることができないまま年齢を重ねてしまった、という方も少なくないでしょう。

しかし、音楽をはじめるには年齢なんて関係ありません。特にギターという楽器は、奥は深いものの、初心者であってもそれなりに演奏を楽しむことのできる楽器です。
独学でも十分に演奏技術を学ぶことができますし、低コストで、場所もとりません。

楽器を演奏する、と言うと音が気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ギターの場合はほとんど外に音を漏らすことなく練習することも可能です。

仕事を終え、眠るまでのわずかな時間でも楽しむことのできる趣味、それがギターなのです。

近年ではこれから楽器をはじめる中高年の方も多くなっていますので、ある程度上達すれば、同じような立場の方とバンド活動なども楽しむことができるかもしれません。

毎日の生活に楽しみを見出せない、何か趣味が欲しい、そんなあなたはギターを手にしてみてはいかがでしょうか?
中高年からでも決して遅くはありません。音楽と共に、人生をもっと充実したものにしてみましょう。

弦はどのタイミングで交換する?

ギターを演奏する上で、もっと重要な消耗品といえば何でしょう?やはり、それは弦です。弾き心地やサウンドにも影響するこの弦ですが、どのようなタイミングで交換すれば良いのでしょう?実は切れたら交換…ではもう遅いのです。

ギターをある程度弾き続けていると、必ず弦は劣化してしまうものです。一度張ったらずっとそのままで良い、というものではありませんので、交換しなければなりません。

古い弦を使い続けると、音が悪くなってしまうだけでなく、プレイアビリティにも影響しますし、ギターそのものにダメージを与えてしまうことになります。
では、弦はどんなタイミングで交換すれば良いのでしょう?

◆2週間に1度の交換を目安に
最初の頃は弦が劣化し、音が変化してしまっていても、それに気づくことができないこともあるでしょう。
そこで、毎日ギターに触れるのであれば、最低でも2週間に1度を目安に交換するようにしましょう。

ただ、これはあくまで目安です。ギターに触れる頻度が少なければもう少し寿命は長くなりますし、毎日5~6時間も弾く、というのであれば1週間ももたないこともあります。
少しでも違和感を感じたり、変色を発見したら、すぐに交換するようにしてください。

あまり頻繁に交換するのが面倒だ、という方はエリクサーなどの表面をコーティングされたものをチョイスしてみると良いかもしれません。コーティングが剥げてしまうまでは弦が空気に触れることはありませんので、劣化を大幅に遅らせることが可能です。

2週間に1度、と言うととても高い頻度のように感じられるかもしれません。しかし、弦は非常にデリケートなものである、ということをしっかりと頭に入れておきましょう。

初心者でもとにかくバンドを組んでみよう!

まだまだ弾ける曲も少ないからバンドなんて無理…なんて考えていませんか?ある程度音を出すことができるようになれば、バンドを組むことが上達のコツです。初心者でもとにかく、バンドを組んで、もっと演奏を楽しんでみましょう。

一人でも楽しむことができるのがギターの魅力です。しかし、バンドを組み、仲間と一緒に音を出せばもっと音楽を楽しむことができます。
まだまだ初心者だから、バンドなんか無理!最初からそう考えて諦めていませんか?

実は初心者こそ、積極的にバンドを組むべきなのです。仲間と一緒に音を出すことによって、上達のスピードだって早くなります。

◆音楽を楽しみながら、適度なプレッシャーを
バンドを組むことによって、音楽をもっと楽しむことができるようになります。しかし、初心者の方がバンドを組むことのメリットはこれだけではありません。

バンドで一つのパートを担う、ということによって適度なプレッシャーを自分に与えることができるようになります。
こうすることによって、より真剣に練習に打ち込むことができるでしょう。また、メンバーと一緒に演奏する、という具体的な目標を持つことによって、モチベーションを上げることもできます。

初心者だからバンドはまだ早い、ではなく、初心者だからこそバンドを組むことによって、早く上達することができるようになります。
まったくの初心者でも歓迎してくれるバンドも少なくありませんので、怖がらずに気の合う音楽仲間を探してみましょう。

Copyright(C)2015 今からでも遅くない!中高年のギター入門! All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。