今からでも遅くない!中高年のギター入門!

忙しく働き続ける毎日の中で、気が付いたら何の趣味も生きがいもないことに気付き、虚しくなってしまったことはありませんか?今からでも遅くはありません!生涯楽しむことのできる趣味、ギターをはじめてみませんか? - エレキギターの基本操作

エレキギターの基本操作

ある程度音を鳴らし、ギターという楽器に慣れ、そしてチューニングまでしっかりとできるようになったら、いよいよ実際に演奏をする準備です。
すぐに本格的な練習をしたい!という気持ちになってしまうかもしれませんが、その前に、基本的な操作をしっかりと確認しましょう。

ここでは、まずエレキギターの基本操作についてお話ししたいと思います。

◆コントロールノブやスイッチを確認!
エレキギターの場合、さまざまなタイプのものがあり、それぞれ操作方法は異なっていますが、基本を理解できていれば、どんなギターを手にしてもすぐに操作することができるでしょう。

まず、最初にチェックしたいのがヴォリュームのコントロールノブです。これは、音量を調整するためのものですので、アンプを繋いで実際にノブを回してみればすぐに理解することができるでしょう。
その他にもノブがついている場合は、音色を変化させるためのトーンノブであることがほとんどです。
これも、音を鳴らしながらその効果を確認してみましょう。

次にスイッチです。ストラトキャスターやレスポールなど、2つ以上のピックアップ(マイク)が搭載されているギターの場合、どちらから音を拾うのかを選択するためのものです。

これも音を出しながら実際に音を出し、どのような変化があるのかを確認してみてください。

エレキギターの操作は一件複雑そうに感じられるものですが、実際に扱ってみるととてもシンプルなものであることに気付くでしょう。
しっかりと基本操作をマスターしてください。

Copyright(C)2015 今からでも遅くない!中高年のギター入門! All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。